赤外線エッジセンサによる正確な位置検出

赤外線エッジセンサはフォトセルの原理に基づいて動作し、光源として赤外線LEDを使用します。機能原理 (反射原理または透過光原理) に応じて光は材料を反射または照射し、続いてCCDラインによって検出されます。エッジセンサのこのような照明CCD素子は、受光した光により高い信号レベルを発生させます。マイクロコントローラは、信号レベルをウェブのエッジ位置に比例した出力値に変換し、CANバスを介して転送します。この出力値は例えば、デジタルウェブガイドシステムを制御することができます。

エアハルト ライマーは、最大0.01 mmの解像度を含むFR 46から最大4つのエッジを同時に評価することができるワイドバンドセンサFR60に至るまで、あらゆるタスクに対して適切な赤外線センサを提供します。 

製品