正確なウェブ位置のための超音波エッジセンサ

超音波センサは、例えば光透過率が変化する製品のように、光学センサが適切でないと考えられるば場合に使用されます。当社の超音波センサは、パルス状の超音波ビームでウェブエッジをスキャンします。これにより、「定常波」が回避されます。レシーバーは、インパルス強度に比例するアナログ電圧信号を確立します。ウェブがエアギャップに入ると、パルスが減衰します。これにより、センサはウェブの位置を正確に検出することができます。

当社の超音波センサは、とりわけ、紙、プラスチック、金属フィルムなど音を通さない素材のスキャンに使用されます。コンパクトなFX 46からFX 5200まで、幅124 mmのフォーク幅を持つ広範囲の構造サイズは全く申し分がなく、偏差を確実かつ安全に検出します。 

製品

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先