位置精度を高める位置オーバーラン制御システム

位置およびオーバーラン制御装置はドクターブレード、サクションノズル、スパチュラ、マーキング装置およびカット装置などのツールを所定のガイド位置に正確に一致するよう位置決めします。これは非常に短期間で回収可能な投資です。

機能

オーバーラン制御においては、センサとツールはともにリニアガイドデバイス上に取り付けられます。センサはウェブ位置を検出して実際のツールを位置決めします。ツールの現在位置は目標位置と比較され、適切な修正信号がアクチュエータに送られます。このようにしてツールは常に一定の距離を保ちながら基準位置に追従します。

用途

オーバーラン制御装置は、切断やコーティングなどのプロセスをウェブエッジまたはウェブ上のガイド基準から一定の距離で実行する必要がある場合に使用されます。

アプリケーション

位置制御の最高精度は、センサとツール (ドクターブレードの制限) をリニアユニットにコンパクトに取り付けることができる場合に達成されます。エッジ検出は常にツール前のウェブ走行方向で行われます。

記号説明

1 = ドクターブレードエッジ制限 | 2 = ドクターブレード | 3 = リニアユニット | 4 = エッジセンサ | AB = 対応幅 | L1 = ウェブエッジからコーティングまでの距離