拡幅制御システムは、プロセスのあらゆる段階で高品質を保証します

一定のタイヤコード幅と均一なコード分布は、タイヤ製造の最高品質における重要な要素です。タイヤコードを最初にディップさせ、熱延伸ラインで引き伸ばし、その後ゴムコーティングプロセス用のカレンダーに供給します。ここでは、ウェブが常に同じ幅で実行され、個々のプロセス工程を通じて一定のコード分布が行われることが重要です。エアハルト ライマーのスプレッダーローラーとシステムは、これらの要件を満たしています。  

機能

ウェブ幅コントロールの基本は中央で分割結合された2本の弓状ロールです。機械的に結合されたこれら2本のロールへの接触角度によりタイヤコードは拡幅または収縮されます。  

用途

特にカレンダーラインまたは巻き取り前の熱延伸ラインでは、均一なコード分布を確実にするため、スプレッダーローラーの使用が不可欠です。  

アプリケーション

拡幅システムCordAlinerは、すべての位置に取り付けることができます。入口部分の長さを最大ウェブ幅と同等以上に設定し、出口部分を可能な限り短くします。  

記号説明

K = ウェブエッジ補正 | AB = ウェブ幅 | L1 = 入口部分の距離 | L2 =出口部分の距離 | 2 = 入口ローラー | 3 = 拡幅システムCordAliner | 4 = センサ | 5 = 固定ローラー

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

拡幅システムX-Panderは、それぞれ3つのローラーを備えた2つのローラーユニットで構成されています。各側面には2つの固定ローラーと1つの移動ローラーがあります。移動ローラーの沈み込み角度を変えることにより、コード配列は正しい幅に調整されます。抱き角度を手動で調整することにより、拡幅性を最適化することができます。  

用途

拡幅システムXPanderは、一定のウェブ幅と均一なコード分布を実現するために、トラクションユニット前の熱延伸ラインでのみ使用されます。 . 

アプリケーション

拡幅システムX-Panderは、すべての位置に取り付けることができます。入口部分の長さを最大ウェブ幅と同等以上に設定し、出口部分を可能な限り短くします。 . 

記号説明

K = 拡幅 | AB = ウェブ幅 | L1 = 入口部分の距離 | L2 = オーバーランの距離 | 2 = 入口ローラー | 3 = 拡幅装置 | 4 = センサ | 5 = 固定ローラー | α = 傾斜位置 | β = 沈み込み角度 | G = 中央のギャップ

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

エッジ拡幅システムEPILinerは2つの拡幅ユニットで構成され、それぞれ3本のローラーを備えています。2本の固定ローラーは常にコードに接しており、移動ローラーはコードのエッジ部分に浸漬しています。ローラーの接触角度を変えることによって、コードの幅を調整することができます。抱き角度を手動で調整することにより、拡幅性を最適化することができます。  

用途

特にカレンダーギャップ前のカレンダーライン、またはディップ前または巻き戻し前の熱延伸ラインでは、均一なコード分布を確実にするため、エッジ拡幅システムの使用が不可欠です。  

アプリケーション

エッジ拡幅システムEPILinerは、すべての位置に取り付けることができます。入口部分の長さをウェブ幅の半分以上に設定し、出口部分長を可能な限り短くします。実行時に配置されたウェブガイダーを用いることでのみ、最適なウェブ幅制御が実現します。  

記号説明

K = 拡幅 | L1 = 入口部分の距離 | L2 = オーバーランの距離 | 2 = 入口ローラー | 3 = エッジ拡幅装置EPILiner | 4 = センサ | 5 = 固定ローラー | α = 傾斜位置 | β = 沈み込み角度 | 6 = ディップローラー

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先