より迅速な製造プロセスのためのフェルトおよびファブリック制御システム

フェルトやファブリックの働きを妨げる多くの要素があります。不適切なファブリック位置は、紙の生産品質と量に大きく影響します。エアハルト ライマーのモーションコントローラまたは位置コントローラは、これらの誤差要因を排除し、製造プロセス中に一定のファブリック位置を確保します。

機能

ローラーがベルト走行方向に対して斜めになっていると、ベルトは横へドリフトするようになります。制御ローラーの旋回点は、両端の2つの軸受のうちの1つです。この時点で、制御ローラーはそれぞれの補正要求に従って斜めに配置されます。機械的または電気的に可変なフィードバックにより、安定した制御回路を提供します。

 

用途

フェルトおよびファブリックガイドは、ファブリックを常に所望の位置に保持するために使用されます。

 

アプリケーション

位置決めローラーは、ファブリック幅の約2/3に対応する入口長さを必要とします。出口長さは、ファブリック幅の約1/3にする必要があります。ファブリックはインフィード角度が出口角度以下で、位置決めローラーの周りを20°~40°の範囲で巻き付けなければなりません。エッジセンサは、位置決めローラーにできるだけ近づけて出口経路に配置する必要があります。