ベルト位置最適化のためのウェブガイディングシステム

ウェブガイディングシステムは汚れや異なるベルト負荷、ローラーの傾斜や温度変化といった様々な障害を排除します。さらに、製造プロセス中にベルトの位置を一定に保ちます。ウェブガイディングシステムには2つの異なる制御システム、すなわち、連続コントローラまたは3点コントローラが使用されます。

機能

ローラーがベルト走行方向に対して斜めになっていると、ベルトは横へ動くようになります。ピボットローラーシステムELBANDERは、ベルト位置制御に対してこの作用を利用しています。ピボットローラーの旋回点はこの場合、両端の2つの軸受のうちの1つです。この時点で、位置決めローラーはそれぞれの補正要求に従って斜めに配置されます。

 

用途

ピボットローラーシステムは主にコンベアベルトのベルト位置制御に使用されます。

 

アプリケーション

コンベアベルトでは、ピボットローラーを下側のドラム内のヘッドローラーのすぐ前に取り付けます。アクチュエータはベルト走行方向に15°に配置します。位置決め動作は入口 / 出口長さ間の二等分線の中で行われる必要があります。入口長さはベルト幅以上である必要があります。出口長さはできる限り短くしてください。位置決めローラーは、40~60°の間で巻きつけられる必要があります。生産速度が1000 m/min以下の場合は、巻きつけを10~20°に下げてください。位置検出は位置決めローラー直前のエッジセンサによって行われます。伸縮ローラーのベルト位置制御システムに障害を起こすことがないように、このローラーは必ず軸平行にセットしなければなりません。

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

ウェブガイドローラーがベルト走行方向に対して斜めになっていると、ベルトは横へ動くようになります。ピボットローラーシステムELBANDERは、ベルト位置制御に対してこの作用を利用しています。ピボットローラーの旋回点はこの場合、両端の2つの軸受のうちの1つです。この時点で、位置決めローラーはそれぞれの補正要求に従って斜めに配置されます。 . 

 

用途

ピボットローラーシステムは特にコンベアベルトのベルト位置制御に使用されます。

 

アプリケーション

ベルト位置制御では、ピボットローラーを下側のドラム内のヘッドローラーのすぐ前に取り付けます。アクチュエータをベルトの移動方向に平行に配置させ、これにより位置決め動作は入口 / 出口長さ間の二等分線の中で行われる必要があります。入口部分の長さを最大ウェブ幅と同等以上に設定し、出口部分を可能な限り短くします。位置決めローラーは、40~60°の間で巻きつけられる必要があります。生産速度が1000 m/min以下の場合は、巻きつけを10~20°に下げてください。位置決めローラーのすぐ後ろのエッジセンサによって、正確な位置検出が行われます。伸縮ローラーのベルト位置制御システムに障害を起こすことがないように、このローラーは必ず軸平行にセットしなければなりません。  

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先