機能

2台のレーザーセンサは連動して移動し、走行中の製品 (トレッド、サイドウォール、インナーライナー、コード) の外側の輪郭を測定します。精密リニアガイドが取り付けられた花崗岩フレームにより熱による膨張の軽減と振動の低減により高精度の断面形状測定が行えます。

 

用途

高精度のオンライン断面形状測定は、主にトレッド、サイドウォールおよびインナーライナーの押出機の検査用に使用されます。ホットエリアでは仕様との偏差を可能な限り早期に検出してPLCに警告出来る為、プロファイル測定結果が生産管理に使用されます。コールドエリアではプロファイル測定結果がレポート等の品質管理として使用されます。

 

アプリケーション

E+L TRISCAN TRは、押出機の直後 の生産管理用に使用され、クーリング後の品質保証用に使用されます。また、ローラーヘッドカレンダーの厚さ測定にも使用できます。花崗岩フレームは、熱によって誘発される膨張を大きく軽減させます。

記号説明

1=ガイドローラー | 2 = 断面形状測定 | 3 = ポイントレーザー | 4 = マトリックスカメラ | 5 = トレッド | 6 = サイドウォール | 7 = インナーライナー | 8 = トラバース装置 | M = 測定範囲 | AB = 対応幅 | NB = 定格幅 |

トラバース使用によるオンラインプロファイル測定

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

2つまたは3つのポイントレーザーセンサ (必要な精度に応じて) がカットされた製品 (トレッド、サイドウォール、インナーライナー、コード) の上を走行し、外形を測定します。

 

用途

ダイショップでは、ダイの最適化とドキュメンテーション化に使用され、プロファイル測定ではレポート等の品質管理用としてテストラボや押出ラインで使用されます。

 

アプリケーション

トレッド長さ測定システムは、ダイショップ、テストラボ、または温度制御式キャビンの押出ラインで作動します。

記号説明

1 = 測定テーブル | 2 = 断面形状測定 | 3 = ポイントレーザー | 4 = マトリックスカメラ | 5 = トレッド | 6 = サイドウォール | 7 = インナーライナー | 8 = ダイ (スプリンクラー) | 9 = アペックスストリップ | 10 = トラバースストリップ| 11 = レーザー | 12 = レーザー位置決め補助装置 | M = 測定範囲 | AB = 形状幅 |

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

ライトセクションセンサーは、走行中の製品 (トレッド、サイドウォール) の外形を測定します。センサが取り付けられた花崗岩フレームは、熱による膨張の軽減と振動の低減により高精度の断面形状測定を提供します。  

 

用途

高精度のオンライン断面形状測定は、主にトレッド、サイドウォールおよびインナーライナーの押出機の検査用に使用されます。ホットエリアでは仕様との偏差を可能な限り早期に検出してPLCに警告出来る為、プロファイル測定結果が生産管理に使用されます。コールドエリアではプロファイル測定結果がレポート等の品質管理として使用されます。

 

アプリケーション

断面形状測定用のEL-TRISCAN LSは、押出機直後の生産管理用に使用され、クーリング後の品質保証用に使用されます。花崗岩フレームは、熱によって誘発される膨張を大きく軽減させます。

記号説明

1 = ガイドローラー | 2 = 断面形状測定 | 3 = ライトセクションセンサ | 4 = マトリックスカメラ | 5 = トレッド | 6 = サイドウォール | 7 = アペックスストリップ | M = 測定範囲 | AB = 形状幅 | NB = 定格幅 |

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先