金属探知システムは、テキスタイルの製造プロセスにとって不可欠です

テキスタイルウェブ処理中、異なる処理工程により微細な金属粒子が製品に入る可能性があります。これらが100%検出されない場合、カレンダーまたはせん断ブレードに対して大きな代償を伴う損傷が生じる可能性があります。

機能

発振器によって供給される送信コイルは、スキャン領域内で200kHzの交番磁界を形成します。導電性金属粒子が磁場内に侵入すると誘導電流が発生し、これが別のコイルに受け取られる場合があります。下流評価エレクトロニクスは、連続信号またはパルス信号を供給します。

用途

金属探知システムは金属粒子を検出するために、テキスタイル業界において平らで走行するウェブ上で使用されます。

アプリケーション

スキャンヘッドは、任意の位置に取り付けることができます。スキャンヘッドの前後で、ウェブが検出器の上にガイドされなければなりません。ここでは、5°未満のわずかな巻き付けが望ましいです。スキャンヘッド前後のガイドローラー間の距離は500 mm以上にする必要があります。この領域には、強く磁化され回転するスチールローラーがあってはいけません。  

記号説明

1 = ガイドローラー | 2 = 金属探知器 | 3 = トランスミッター | AB = 対応幅 | NB = 定格幅

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先