様々な生産設備で使用されるウェブテンション測定およびウェブテンション制御システム

テンションセンサを使用した信頼性の高いウェブテンション制御は、ウェブ破損を回避するため、生産コストを削減するのに役立ちます。ELTENSウェブテンション測定および制御システムは、世界中で信頼のできる高品質の生産を保証します。  

機能

ウェブテンション制御に使用されるロードセルは、フランジカバー付きの安定した外輪と精密組立用のセンタリングカラーで構成されています。双方向ストリップ形態の内側リングは、ボールベアリングの中心に取り付けられるようにします。ウェブから半径方向に力が作用すると、測定ブリッジを動かすストレインゲージに不均衡を生み出します。これにより、ウェブテンションに比例したアナログ出力信号が得られます。

 

用途

フランジロードセルは、ウェブ形状の材料を加工または制御されるほぼすべての生産工場でのウェブテンション制御に対して使用することができます。特にプロセスステーションの前では、基本的に連続したウェブテンションでウェブが搬送されることが重要です。

 

アプリケーション

90°の角度で測定ローラーが水平・垂直にラッピングし、測定方向が水平の場合に、ウェブテンションの検出が最適に行われます。テンションセンサにより耐力を両側で検出することで初めて、ウェブの横のそれ、左右非対称なウェブテンション分布によるエラー測定を防ぐことができます。閉ループに組み込まれたロードセルは、できるだけアクチュエータの近くに取り付けてください。

機能

ウェブテンション制御に使用されるセンサローラーの場合、すでに2つのロードセルがローラー本体に組み込まれています。測定力は、歪みゲージが印加される双方向ストリップを介して検出され、その結果、ウェブテンションに比例するアナログ測定信号が出力されます。

 

用途

センサローラーは、ウェブ形状の材料を加工または制御されるほぼすべての生産工場でのウェブテンション制御に対して使用することができます。特にスペースが非常に限定されている状況や、単列の機械の場合はコンパクトセンサローラーが適しています。

 

アプリケーション

90°の角度で測定ローラーが水平・垂直にラッピングし、測定方向が水平の場合に、ウェブテンションの検出が最適に行われます。テンションセンサにより耐力を両側で検出することで初めて、ウェブの横のそれ、左右非対称なウェブテンション分布によるエラー測定を防ぐことができます。閉ループに組み込まれたロードセルは、できるだけアクチュエータの近くに取り付けてください。

ウェブテンションコントローラ

電空変換器

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先

機能

ブロックロードセルは、お客様の機械に適合させるためのキャストハウジングと、ペダスタルベアリングを収容するための取り付けプレートから構成されています。テンションセンサは、歪みゲージが印加される双方向ストリップを検出し、その結果、ウェブテンションに比例するアナログ測定信号が出力されます。

 

用途

ブロックロードセルは、ウェブ型材料が加工または制御される製造工場でのウェブテンション制御に使用されます。ペデスタルベアリングによって常にアクセスが容易なので、ローラーの交換がとても簡単なことから、ことにコンバーティング分野で長所を発揮します。

 

アプリケーション

水平の取付位置が垂直の測定方向に対して60 ~ 180°の間で対称にラッピングされるのが好ましいです。テンションセンサにより耐力を両側で検出することで初めて、ウェブの横のそれ、左右非対称なウェブテンション分布によるエラー測定を防ぐことができます。ロードセルが閉ループに組み込まれている場合は、できるだけアクチュエータの近くに取り付ける必要があります。

ブロック ロードセル

ウェブテンションコントローラ

電空変換器

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先