機能

2つの同期されたカメラが切断された製品 (トレッド、サイドウォール) を画像として記録します。特殊なアルゴリズムを使用して画像内でエッジが検出されます。測定されたトレッドの長さは、2つのカメラの相互の事前較正に基づいて決定されます。

用途

長さ測定システムは、品質管理用の文書化ならびに許容範囲外の選別の為に押出ラインで使用されます。

アプリケーション

EL長さ測定システムは、スキーバーの後に設置されます。材料が収縮する為、測定位置は出来る限り部材の取り出しユニットの近くを推奨しています。この時点でトレッドはほぼ最終的な長さに達しています。

当社までご連絡ください!

+81 45 276 3255

他にご不明な点がありましたら、当社までご連絡ください。

系列子会社の連絡先