イノベーション – カスタマイゼーション – 高信頼性

1987 年、Erhardt+LeimerはE+Lグループの独立した有限責任会社として設立され、過去数十年にわたって要求が厳しい市場セグメントにおいてその地位を確立してきました。2020 年 1 月 1 日以降、当社はグローバルな事業分野である「E+L Corrugated Division」として、E+Lグループの一部となっています。

当社は、段ボール製造設備の制御、管理およびプロセス自動化のための革新的な製品を提供する、業界をリードする専門メーカーの一社となっています。当社のコアビジネスは、段ボール生産における品質と生産性を最適化および向上させると同時に、廃棄物を大幅に削減することにあります。

 

その焦点は、絶えず変化し、ますます要求が厳しくなる段ボール市場のために、継続的な製品開発とイノベーションを提供することにあります。最先端技術を採用することにより、パフォーマンスの向上、生産における完全な柔軟性、運用コストの大幅な削減、複雑さの軽減、そして信頼性の向上が保証されます。
 

段ボール製造設備の効率を高める当社の製品とサービス

当社は、ウェブガイド/ウェブ張力制御から、インテリジェントな自動化と生産効率向上のために重要なすべての製造パラメータの自動調整/設定までを可能にするシステムソリューションを提供しています。このポートフォリオには、段ボール製造・加工設備向けの革新的な検査システムが加わりました。最新の技術開発としては、デジタル印刷されたロール加工用のワークフローコンセプトである SmartLine があります。

エアハルト ライマーのシステムは段ボール業界にとって合理化、オートメーション化そして品質保証の代名詞となっています。段ボール業界で活躍されておられる世界各国のお客様の個々のニーズに当社のシステムソリューションがお応えできるよう、当社では多機能式のモジュラーユニットで構成されるソリューションをご提供しています。

全世界に展開

ドイツ・ビーレフェルト市に本拠地を置くエアハルト ライマーの段ボール向け製品事業部門は、同地における集中的な統制と各地に分散した販売組織に支えられながら、グローバルな段ボール業界でその存在感を発揮しています。海外子会社や代理店との提携によって、すべたの主要産業国で、そしてお客様のお近くでエアハルト ライマーの製品が提供されています。