カレンダー設備

カレンダー加工を行なうと、フィルムは薄くなります。これによって、フィルムに亀裂が入る危険が高くなります。広範囲におよぶウェブテンション制御機能を使用することで、この危険を大幅に抑えることが可能となります。さらにカレンダー加工の際には厚さ測定を実施して、このプロセスにおける品質確保を助けることをお勧めします。エアハルト ライマーの「ELTIM」は、非接触・非放射線方式でリアルタイム測定を行なうソリューションです。


カレンダーマシン関連製品一覧


Der E+L Newsletter