デジタル SMARTLINE ワークフロー – デジタルプリントされたロールを加工するためのコンセプト

SMARTLINE

SMARTLINE PRESS

Smartline Sync Recorder

は、ロールのプロトコルを生成

  • 接合マネージメント
  • 品質保証システムの同期
  • 紙くずマネージメント
  • 独立式システム
  • プランニングシステムへのデータインターフェースなし
SMARTLINE

SMARTLINE QA

Smartline Sync Editor

品質保証システムのインターフェース

  • 品質保証システム用のオープンインターフェース
  • メーカーに依存しない検査をサポート
  • エラープロトコルの統合
  • 紙くずマネージメント
SMARTLINE

SMARTLINE DOCTORING

SmartLine Doctoring

紙くずの除去

  • 自動制御
  • 紙くずの取り出しが容易
  • コルゲーター用のロールプロトコルの調整
SMARTLINE

SMARTLINE CORRUGATOR

Smartline Corr

自動オーダー変更

  • プロセスガイドシステムの制御
  • マルチレーン/マルチジョブをサポート
  • 個々の損紙の取り出し
  • 性能と信頼性を最大化
  • 従来のプレプリントと互換性があるプロセス

デジタルプリントには、従来の印刷プロセスに比べていくつかの利点があります。最も重要な利点のひとつは、短時間運転による生産を最高水準の効率で実行できることにあります。さらに効率を高めるために、複数の異なる印刷オーダーを 1 本の共通のロールで組み合わせることができます。オーダーは、同じロール上で前後に、並立させて、あるいは両タイプを組み合わせて配置することができます。

印刷後に続く製造工程は、オーダーの切り替えを迅速に行うために調整されていないことが多く、デジタルプリントの利点を完全に活用するためには、追加の自動化されたプロセス管理システムが必要になります。

この課題は、弊社の DigiPrintWorkflow 「SmartLine」が担います。このシステムでは、最大機械速度にいたるまで、次のイベントを確実かつ正確に検知します:

オーダー切り替え – ロール切り替え

紙くずの先端と後端

未印刷エリア

接着箇所

シンプルで信頼性が高く、頑丈であり、幅広い利用が可能

これらのイベントと、これによって生じるアクションは、標準インターフェースを通じて生産機械へ伝達されます。DigiPrintWorkflow は様々な構成でお求めいただけます。

独立した機能原理により、生産部門から他のデータを必要としません。

このシステムは シンプルで信頼性が高く、頑丈であり、幅広い利用が可能です。このコンセプトは、デジタルプリンタを用いた一般的な用途のために開発されており、設備のメーカーに関わらず使用できます。

カメラヘッド

カメラヘッド

プレプリントロールとSmartLine

プレプリントロールとSmartLine

操作ユニットとデジタル生成されたロール

操作ユニットとデジタル生成されたロール

Alfred Eder

Alfred Eder
Program Manager Digital Pre-Print - System Solutions

Press Release

SmartLine helps GP's Hummingbird to become more agile